Print Icon
 
   

株式会社鬼柳

鬼柳


いつも大変お世話になっております。(株)鬼柳の金野 寿行です。


今月は法令対応として、フロン排出抑制法についてご案内です。

フロン排出抑制法で遵守しなければならない重要事項として点検があります。
このうち定期点検は圧縮機の定格出力で点検の要否や頻度が変わりますが、こちらには注意が必要です。

   

フロン排出抑制法における定期点検の注意点とは?

定期点検の対象機器と頻度は製品区分と圧縮機の定格出力で、下記のように決まっております。

製品区分圧縮機の定格出力 点検頻度 
 冷蔵機器及び冷凍機器7.5kW以上1年に1回以上
 エアコンディショナー50kW以上1年に1回以上
エアコンディショナー7.5kW以上50kW未満3年に1回以上

こちらにおける注意点として、複数の圧縮機がある機器の場合、冷媒系統が同じ(複数の圧縮機が同じ冷媒配管により接続されている場合)であれば合算して 判断する点です。つまり1つの圧縮機の定格出力が7.5kWを下回っていても、複数使用していて合算して7.5kWを超えると定期点検が必要になるのです。

   

当社では定期点検に併せて、メンテンナンスにも対応しております。現場調査やご相談は無料です。まずは当社にお気軽にご相談くださいませ。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 

   
     

無料進呈中!工場メンテナンスガイドブック

当社で行っている、生産設備・機器のメンテナンスサービスメニューを冊子にてご紹介。今なら無料進呈しております。ぜひ一度ご覧ください。


こんな方におすすめです

● 新任の保全・生産技術担当者の方

● 生産設備・機器の要メンテナンスの兆候を知りたい方

● 工事・メンテナンスのコストダウンを知りたい方